CIC was established in 1990 by Takechi Manabu and Lynne E. Riggs as an offshoot of the Center for Social Science Communication, founded in 1970 by Kano Tsutomu, editor of The Japan Interpreter (published 1970-1980). CIC is custodian to the main reference library compiled by the staff of TJI, as well as back number stock of the journal (some full sets are available). See the Japan Interpreter part of this site. CIC was also heir to some of the clientele of CSSC and carried on its translation tradition and spirit.

人文社会科学翻訳センターは1990年11月に、それまで15年のあいだ(株)社会科学翻訳センター(代表 鹿野力)において和英翻訳・英文校閲を受け持つかたわら英文雑誌The Japan Interpreterの編集部で翻訳・校閲を担当してきた武智学(たけち・まなぶ)とリン・リッグス(Lynne E. Riggs) によって設立されました。リン・リッグスは1997年4月より2009年3月まで、学術雑誌Monumenta Nipponica(上智大学)のマネジング・エディターも兼務していました。


High-quality Japanese-to-English translation cannot be achieved without combining what most think of as "translation" and "editing." A Japanese text must be rendered into English words, but the English words must be crafted–edited–into well-written sentences, paragraphs, and so on, giving priority to the reading audience. CIC translation, then, represents the combination of these two processes, performed together and interchangeably. The meaning and intent of the Japanese text must be accurately reflected, but must take a natural English form of expression appropriate to fulfillment of the purpose for which it is translated.
CIC pursues a thorough understanding of the original text and flexible adjustment of its expression to suit the character of English and communication with the English reader. Because of the widely divergent character of writing in Japanese and English, "translation," therefore, can sometimes involve considerable adjustments of content (some information may need to be added), order, and mode of expression.

和英翻訳とは単に和文を英文にすることではありません。推敲および英文をみがきあげる(editing)作業を経てはじめて質の高い翻訳となります。弊社ではtranslationとeditingの二つの作業を含めて翻訳と呼んでいます。原文の日本語の意味を英語に置き換えるだけでなく、英文自体が自然で読みやすいことが翻訳として大切だと考えるからです。


The CIC tradition of translation is based on close collaboration between native English-speaking and native Japanese-speaking translators and editors. High quality is sought by combining skills, background knowledge, and cross-checking. A higher-quality product can be attained through the back-and-forth process of testing skills between these two perspectives.

弊社では日本語と英語のネイティブスピーカーがチームを組んで、いくつの段階を踏んで翻訳作業をすすめます。まず翻訳者が素訳(1st draft)を作り、それを日本人が原文とチェックし(2nd draft)、つぎに米人エディターが校閲し(3rd draft)、それを著者が目を通し、修正・加筆を入れ(4th draft)、最終的に翻訳者、日本人チェッカー、米人エディターが全体を校正します。この全てのプロセスを経たものを「翻訳」としてお客さまにお渡しします。




学術論文・書籍 ・時事問題(英字新聞・雑誌)
文化交流(作家・実業家・政治家・建築家等の著作)
エッセイ・スピーチ、展覧会パンフレット、その他


出版および会議のための英文の校閲、リライト、校正
出版のための制作アドヴァイス



長年培ってきた翻訳・校閲の経験を生かし、インターネットを利用して海外の優れた翻訳者・エディターを幅広く動員して、和英翻訳の一拠点となることを目指します。

人文・社会科学、時事、文化交流分野での和英翻訳促進のための資料収集
過去の翻訳作業に基づいた翻訳データベースの作成
翻訳者の養成
翻訳・英文校閲技術のためのワークショップ
日本文化紹介のための企画・出版・普及